>

地味な服なら何でも良い

柄が大きく着いている服

模様が入っていたり、大きな柄がついている服は避けてください。
派手なので、お葬式には向いていません。
2歳時の服装は、何でも良いと言われています。
しかし大人と同じように、シンプルで地味な服装という部分は守ってください。
黒や紺色の服を、1着は持っていましょう。

すると、冠婚葬祭の時に活用できます。
襟がついているブラウスがあれば、それを着用すると良いですね。
一気にフォーマル感がアップするので、お葬式にふさわしい服装になります。
いざという時のために、ブラウスを買っておくと良いでしょう。
急にお葬式に呼ばれる機会が多いですが、その時になっても買いに行く暇がありません。
前もってお葬式用の服を用意することが重要です。

靴も服と同じ決まり

服と同じように、靴も地味なものを選択してください。
長靴やサンダルではなく、きちんとした靴を履かせましょう。
靴下も、地味な黒や紺色をおすすめします。
大人用の靴下だったら、コンビニに行くと販売されています。
しかし子供用の靴下は扱っていないことが多いです

ですから事前にお店で、地味な靴下を買っておきましょう。
どうしても模様が入っている靴下しか見つからない場合は、ワンポイントなら大大丈夫です。
目立たない部分でもあるので、キャラクターの模様が入っている靴下でも良いでしょう。
お気に入りのキャラクターが描かれている靴下だったら、子供は喜んで履いてくれます。
細かいルールは決まっていませんが、一応ルールがあると覚えておきましょう。


この記事をシェアする